痛い・恐いのない歯科医を求めて さくらデンタルクリニック
HOME>小児歯科

小児歯科

小児歯科とは
歯を磨く子供のイメージ

小児歯科とは具体的に中学生以下の子供の虫歯予防、虫歯治療、歯ならびの治療そして歯周病の予防と治療などを行います。
子供のころは顎が成長し、歯が小学生ぐらいに乳歯から永久歯に生え換わる時期で、永久歯になればもう生えてきません。
そのような大切な時期に歯の健康を保ち続ける為には、小児歯科で乳歯列・混合歯列期の早めからの矯正治療を行なう事が大切なのです。

子供のむし歯
抱っこされる子供のイメージ

小児の虫歯予防の原点は、母親にあると言ってもよいでしょう。
生後10ヶ月~31ヶ月の間に、虫歯菌であるミュータンス菌が母から小児へと感染していきます。その時の条件は、母親の口腔内にミュータンス菌が大量にいる場合、又、小児がショ糖(砂糖)をたくさん摂取している場合に、効率良く感染していきます。問題は、一旦強く感染してしまうと、ブラッシング位ではミュータンス菌を減らす事は出来ず、”一生ミュータンス菌を大量に抱えて過ごしていかなければならない”というリスクを追うという事です。
反対に、上記の期間を無事に過ごす事が出来れば、サングイス菌(虫歯にとっての善玉菌)が定着しやすくなり、虫歯になりにくい口腔となっていきます。

予防するためには

乳歯は通常、生後6~7ヶ月ごろに、下の前歯から生え始めます。歯が生え始めたらすぐに歯磨きを開始しましょう。また、ミュータンス菌の母子感染を防ぐために母親自身が虫歯を治し、PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)を定期的に受けて頂くと効果的です。
この他にも様々な予防方法がありますので、状況に合わせてご説明させていただきます。
一度ご相談下さい。

子供の矯正
歯を磨く子供のイメージ

噛み合わせに異常があると噛む機能がうまく働かないだけでなく、体や顔のゆがみの原因になる他、性格など心理面に影響がありますので子供のうちに治療をする事は大切なことです。
子供と大人の矯正で一番の違いは成長発育の有無です。顎が成長発育中の子供の場合は、矯正治療により顎の成長発育を促したり、少し抑制したりして、良い成長の方向へ導くことを目標に矯正治療できます。 大人の矯正治療では抜歯を伴うことが多いですが、成長過程にある子供の矯正の場合は非抜歯で治療を行えるケースもありますので、お悩みの方は是非ご相談下さい。

問い合わせ
お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。