痛い・恐いのない歯科医を求めて さくらデンタルクリニック
HOME>Q&A

Q&A

虫歯を予防するには歯磨き以外の予防のコツ
虫歯自体はウイルス感染症なので実際なってしまうと治療が必要になります。

一番は定期健診で確認しその時にクリーニングとフッ素塗布が効果的でしょう。

自宅では毎日の歯磨きにホームジェルやフッ素の配合されたものを使うと効果があります。
お子様にははみがき上手なる汚れを赤く染める薬液があります。汚れが目で簡単に見えるし歯ブラシに対しモチベーションがあがります。こういった補助用具を活用すると良いでしょう。

駐車場はあるんでしょうか?
専用駐車場がございます。
詳細はこちらをクリックして下さい。※内原パーキング27番、29番です。
歯周病は保険でできるか
一般的な歯垢や歯石の除去や歯磨き指導は保険内での治療は可能です。

ただ、再生治療の中に歯根膜や歯槽骨を再生する方法があります(GTR GBR)。
それは使用する材料や薬が保険対応外になっております。

妊娠中について
出産直前は難しいと思いますが、基本的に治療は可能です。

特に痛みが強くないときは安定期に入ってからが良いと思います。
治療の内容では麻酔や薬物が不可欠になりますのでかかりつけの産科医との連携が必要になりますので担当医にご相談してくだい。

タバコについて
喫煙することによって歯の表面に着色(ヤニ)が沈着しその部分に食べカスであるプラークが堆積して虫歯の温床を形成します。

また、歯肉にある毛細血管を詰まらせ血行障害を起こし不健康な歯茎の色になります。(通常はピンク色)

問い合わせ
お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。