痛い・恐いのない歯科医を求めて さくらデンタルクリニック
HOME>ドライマウス

ドライマウス

ドライマウスとは

唾液(だえき)が減少して口の中が乾くことです。そのような状態が続くと口臭や舌の痛みなど色々な症状がでてきますので、むし歯や歯周病などの原因にもなるといわれてます。

ポイント
  • 自覚しにくい症状なので、口の乾いてきたら早期段階でケアすることが重要です。
ドライマウス(口腔乾燥症)とは
水を飲む女性のイメージ

潜在的なドライマウス予備軍は約3,000万人にもおよぶといわれています。なぜならば、ドライマウスはまだまだ自覚者の少ない症状でもあるからです。

ドライマウスの特徴

初期症状

口腔内の乾燥に起因する症状としては、軽症のころは、口のネバツキ、パサついて食べ物が飲み込みにくい、プラーク(歯垢)の増加、口臭など

重症になると

舌のひび割れ、舌の痛みで食事が摂れない、しゃべりづらい、強い口臭などの症状が現れ、むし歯や歯周病などの口腔疾患にもつながります。

ドライマウスの原因

ドライマウスの原因は色々あります。一般的には加齢による唾液の分泌機能の低下があげられ、その他、精神的な緊張などによるストレスや、糖尿病・腎臓病などの病気、薬の副作用などがあります。
あとは薬の副作用、また、飲酒や喫煙によっても唾液分泌が減少します。二日酔いの朝、口の中が乾く経験をお持ちの方も多いと思います。

唾液(だえき)の様々な機能
唾液にはさまざまな機能があります。

  1. 食べ物のカスを洗い流す洗浄作用
  2. 食べ物を飲み込みやすくさせる作用
  3. 口から進入した細菌を撃退する抗菌作用
  4. 粘膜を守る潤滑作用
  5. むし歯を防ぐpH緩衝作用
  6. 歯の再石灰化を促進する作用
  7. 潤滑油として舌を守り、味覚を促進する作用
問い合わせ
お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。