痛い・恐いのない歯科医を求めて さくらデンタルクリニック
HOME>瀧口院長のブログ

瀧口院長のブログ

受け口の治し方

こんにちは
ゴールデンウィークも終わり、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
今日など気温が29℃もあって、さながら夏みたいです。
さて、さくらデンタルの矯正シリーズです。
第一弾は受け口(下の歯が上の歯よりより前に出ている反対咬合と言われています)
3歳児歯科検診で4~5%の割合で見つけられるが「しばらく様子を見ましょう」と言われ
放置されるケースが多いそうです。
しかし自然に治癒することは、少なく治療が必要なケースがほとんどです。
それでは、いつ、どのように治療をするのかをご紹介します。
今回、さくらデンタルで取り扱う症例で6歳児の女の子で乳歯が萌えてきた時から下の
歯が前に出ていてお母さんが他院で聞いたときには、やはり「様子を見ましょう」だった
そうです。しかしお母さんは不安に思っていたらしく早く治療しなくて良いのかと質問
されました。
今までは、チンキャップといって下あごを押さえる療法などが行われていたが
子供への負担が大きく難しいケースもありました。
さくらデンタルでは、ムーシールド治療というのを行います。
筋肉の機能のアンバランスが不正咬合を造ります。バランスを整えて調和を取り戻せば
かみ合わせは回復します。
ムーシールドは、寝ている間に口に特殊なマウスピースを装着する方法です。
対象年齢は3~6歳。装着は寝ている間だけで済みます。
半年~1年で効果が表れ約9割の方が改善が見られます。
日本大学歯学部の講師の柳澤先生が考案なされたもので「大人になってからより
幼児のうちに治療したほうが楽です」と早めの治療を勧めております。
ただ、この治療をしてる施設が全国でも限られているようです。
もし、お子様で受け口の方がおられましたら是非、問い合わせてください
専門の矯正医の田上先生が治療をいたします。
今回は柳澤先生監修の3歳児からの受け口治療を元に文章を作らせて頂きました

投稿者 スタッフ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
ゴールデンウイーク
みなさんいかがお過ごしでしょうか?
また、ずいぶんとブログを放置してしまいました
すいません・・・・
4月も終わりに近づき、日も長くなり気温もグンと上がってまいりました。
出勤時に汗をかく日もありました
さて、今日からゴールデンウイークが始まりました。今年は29日から5月8日までの10連休などと
うらやましい限りです。
どこに行っても人、人、人なんでしょうか
さくらデンタルは、祭日がお休みなので29日と3,4,5日と3連休を頂いております。
申し訳ありません。急患の方がおられないことを願っております。
後、お知らせなのですが、19日も私用でお休みさせて頂きます。
4月中もたくさんの患者様に来院して頂き誠に有難う御座います。
最近、ふと思うのですが
やはり歯科って早期治療が一生を変えると思い始めました。
子供の歯列不正や悪習癖の為に大人になって苦労するって症例が多くある事です。
若い女性の患者様が前歯が欠けたので歯を入れたいと来院されました。
しかし、噛み合わせや歯並びのせいできれいな歯を入れることが難しく矯正治療を挟まないと
いくら頑丈できれいな物を入れても将来の予見ができてしまう・・・・
難しいですよね。高い治療費を払っても満足出来るものも入れられず、何時壊れるかもしれない
なんて
さくらデンタルは矯正治療をより密接に治療に導入しております。
症例によっては4歳から始めた方が将来全体的にやらなくてもすむかもしれません。
被せ物をする前の部分的な治療も行っております。
医学も歯学も本当に進歩しておりますが、それを患者様に提供する場が少ないのが残念です
さくらデンタルにおいでなさる患者様には、出来うる限りの情報を提示して満足して頂き
治療を始めるというスタンスは一貫して変わりません。
お口で悩んでいる方は、是非話に来てください。
何時でもお待ちしております。
一期一会     さくらデンタルクリニック   瀧口 志乃夫
投稿者 スタッフ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
桜の季節
皆さんいかがお過ごしでしょうか?
日に日に暖かくなり日差しも伸びて「春」って感じになってきました
駅前の桜の樹もちらほらと桜の花が咲き始めました。
一年で最高に好きな時期です
いまだ、花粉症で悩まされている方たちには、大変申し訳なんですが・・・・
さて、さくらデンタルもこの桜の時期に併せて院内に桜吹雪をまきたいなあと思い
ジェルシールで桜満開計画をしようと思っております。
院内の見学だけでも結構ですので気軽によってください

投稿者 スタッフ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
放射線について

皆さん、少し更新が空いてしまいました
すいません。さくらデンタルも停電などと対応に追われてました
世の中も少しづつ平静を取り戻しつつありますね。
でも、日夜テレビなどで見る被災地はいまだ津波後のままの状態であることも
忘れてはいけないと思います。
全てが自粛ムードの中でいろんな支援を送っている事に大変感銘を受けました。
昨日のサッカーの試合
電力を加味して大阪でやる事やメッセージを送る姿勢、葛藤していながらも
やりぬく気持ちは素晴らしい事だと思いました
さて、最近は歯科から離れている話が多かったので
少しだけ戻ります。(でも放射線は、今一番気になることでしょうか)
皆さんは治療する時にレントゲンを撮った事があると思います。
それは、今原発で騒がれている放射線であります。
当然、線量は人体に影響がないものですが、レントゲン室は放射線が漏れないように
厚い鉛を張っております。
撮影するときも重たい鉛の入ったエプロンを着せられたことと思います。
これは、患者様に対する防護となっているのです。
ここからが本題ですが、どこを守っているのかと言うと甲状腺を始め下腹部を遮断
しているのです。
放射線感受性というのですが、細胞の増殖が旺盛なものほど高いと言われています
組織としては、リンパ組織、骨髄、卵巣、精巣など高く
血管、骨、神経などが低いといわれています。
今、通常の生活において心配する事は全くないですが、この放射線と真っ向から
戦っている人もおります。
テレビからは、〇〇ベクレルとか言われていますが、判りづらい上にどれくらいの
物なのかも想像がつかないですよね。
放射線防護の中に確率的影響と非確率的影響と言うものがあります。
前者は被爆する大きさで発生率が変化する(癌、遺伝的影響)
後者は被爆の大きさで重篤度が変化する(白内障、不妊)
今現在も高濃度の放射線を浴びながら作業なさっておられる方々へ
何も出来ない私ですが、「日本の救世主になってください」と話してらした消防局の
奥さんのコメントが思い出されました。
これほどのリスクを背負いながら現場にいる方達の無事を祈っております。
すいません。また震災の話になってしまいましたね。
現場でがんばっておられる歯科医師の先生方がんばってください

投稿者 スタッフ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
計画停電のお詫び
皆さま、地震の後いかがお過ごしでしょうか?
大変な毎日をお過ごしだと思います。
私の住んでいる所でも、コンビニの商品が全く無くなったり、早朝からガソリンスタンドに並ぶ
車の為に大渋滞が起きたり、信じられない日々を送っております。
この間は薬局で商品を買うために30分も並びました。
お米もパンも水も無く日常生活を脅かすようになっております。
その上、毎日3時間の停電・・・
はっきり言ってキツイですね。
ただ、皆さんも同じ思いをし被災地の方は想像を絶する位の状況に追い込まれて
いるんですよね。
さくらデンタルにお越しの患者様
昨日、今日と停電の為にご迷惑をお掛けしました。
大変申し訳ありませんでした。
予約はこちらからご連絡致しますので宜しくお願い致します。
3月は、未だ先行き不透明ですので停電がまだまだあると思います。
ご迷惑をお掛けしますが、出来る限りの応対をさせて頂きますので
いつでも来院してください。
前フリ無く「バチン」と電気が切れる瞬間、なんともいやなものですね。
一日でも早くいつもの日常に戻れますように
切に願っております。
ネットやテレビでいろんな方々が震災にあった方にメッセージを送ったり義援金を
送ったりとただただ感心しております。
大変な中、耐えてらっしゃる方をみると悲しく・・・無力な自分を感じます。
一人の人間として、一児の父親として精いっぱいやって行きたいと思います。
投稿者 スタッフ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
1
   
お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。